【レビュー】 アトキンスバー&スナックを11種類食べてみた

低糖質でおいしいと人気の「アトキンスバー&スナック」を11種類食べてみました。

一般的なプロテインバーは、たんぱく質だけでなく糖質も結構含まれていることが多く、ダイエットや糖質制限している人には半分に割らないとちょっと厳しいことがあります。

そこでオススメなのが「アトキンスバー&スナック」です。かなり低糖質で高プロテインのものもあります。甘いもの大好きな人でも満足できます。

アトキンスバー&スナック11種類レビュー

チョコレートアーモンド キャラメルバー

チョコレートアーモンド キャラメルバーの箱

アトキンスのミールバーシリーズ「チョコレートアーモンド キャラメルバー」です。1箱5本入り。1本あたり約230円。

チョコレートアーモンド キャラメルバーの成分表
エネルギー190kcal
たんぱく質15g
脂質9g
炭水化物17g
-食物繊維11g
-砂糖1g
-グリセリン4g
チョコレートアーモンド キャラメルバーの中身

普通にそこそこおいしいプロテインバー。しっとりしたパフがぎっしりでキャラメルとチョコレートでコーティング。チョコがけ雷おこしのようなバーです。

最初食べるとチョコレートメインな印象ですが、後味的にキャラメルの香ばしさが広がる感じ。チョコとキャラメル風味パフとのベーシックな組み合わせ。

ベースはほぼ大豆パフでアーモンド入ってるかこれ?と思いましたが、よく見ると砕いたアーモンドが混ぜ込んであるようです。アーモンドバターも使われていますが、アーモンドの存在感はあまり感じられず。

クランチとチューイーの中間みたいな食感なので、ザクザクしたものを食べたい場合は、プレッツェルバーあたりのほうがオススメです。

チョコレートチップ クッキードーバー

チョコレートチップ クッキードーバーの箱

アトキンス バーのミールバーシリーズ「チョコチップ クッキードー」です。DOUGHとはクッキーなどの生地のこと。1箱5本入り。1本あたり約228円。

チョコレートチップ クッキードーバーの成分表
エネルギー220kcal
たんぱく質13g
脂質10g
炭水化物32g
-食物繊維14g
-砂糖1g
-糖アルコール15g
チョコレートチップ クッキードーバーの中身

クッキードーといっても小麦粉は使わずにクッキー生地っぽさを微妙に再現しています。生地風味なのでサクサクではなくモサモサといった食感。バーの中にはチョコチップがゴロゴロ入っており、アクセントになっております。

全体的には結構甘いですが(生地自体も甘い)、後味的にはイガイガした苦みが強調されます。ナトリウム量が比較的多めなのでファーストインプレッションでしょっぱさも目立つ感じ。

プロテインバーとしては食べられるテイスト。でも、普通のスナックを基準にするとイマイチな出来栄え。これならマッスルファームのクッキードーのほうがおいしいです。アトキンスバーより糖質多いけど。

レモンバー

レモンバーの箱

アトキンスバーのスナックシリーズ「レモンバー」です。1箱5本入り。1本あたり約176円。

レモンバーの成分表
エネルギー160kcal
たんぱく質13g
脂質7g
炭水化物15g
-食物繊維9g
-砂糖1g
-グリセリン3g
レモンバーの中身

レモン風味というと爽やかな香りをイメージしますが、封を開けるとなぜか漬物的酸味臭が漂ってきます。

甘さがくどくなく控えめなレモン風味。海外のプロテインバーとしてはさっぱりしてて食べやすい部類です。がっつり甘いチューイーなバーやナッツチョコ系に飽きたときによさげ。

バーの底面にはレモン風味のホワイトチョコレートっぽいのが下地になってます。ベースは飴掛けしてあるようなしっとりしたパフ。しっとりとサクサク感の中間といった食感です。

例えるなら、やわらかめのレモン風味雷おこし。ちょっとブルボンのバームロールっぽい感じもします。

レモンフレーバーが若干の漬物っぽさがあって渋い香りがすることを除けば、適度な甘さでさっぱりして食べやすいバーでした。

ピーナッツバター ファッジクリスプバー

ピーナッツバター ファッジクリスプバーの箱

アトキンスバーのスナックシリーズ「ピーナッツバター ファッジクリスプバー」です。1箱5本入り。1本あたり約176円。

ピーナッツバター ファッジクリスプバーの成分表
エネルギー150kcal
たんぱく質11g
脂質8g
炭水化物13g
-食物繊維7g
-砂糖1g
-グリセリン4g
ピーナッツバター ファッジクリスプバーの中身

パッケージと違ってサイドにもチョコレートのコーティング。表面がワックスがかったチョコではないので、手に持つと熱で溶けやすく、ポロポロ崩れやすい。

甘めのピーナッツバターにパフを絡めてビターなチョコレートでコーティングしたような感じ。しっとりめのサクサクとした食感で、ピーナッツの香ばしさも感じられておいしい。

がっつりではないですがピーナッツも結構入っているので、アトキンスバーのわりには甘さ控えめな印象。食べやすいですが後味的には少しひっかかるかも。

キャラメル チョコレート ナッツ ロールバー

キャラメル チョコレート ナッツ ロールバーの箱

アトキンスのスナックシリーズ「キャラメル チョコレート ナッツ ロールバー」。1箱5本入り。1本あたり約174円。

キャラメル チョコレート ナッツ ロールバーの成分表
エネルギー190kcal
たんぱく質7g
脂質13g
炭水化物19g
-食物繊維6g
-砂糖2g
-糖アルコール10g
キャラメル チョコレート ナッツ ロールバーの中身

ピーナッツがぎっしり入ってかなり食べ応えはあります。チョコレートはダークではなくミルクチョコレートのような甘さ。

画像ではよくわからないかもですが、キャラメルソースも入ってます。甘さは控えめなナッツ入りスニッカーズみたいな感じ。

気温が低いとかなり固くて歯が折れそうなほどになるので要注意。

キャラメル ナッツ チューバー

キャラメル ナッツ チューバーの箱

アトキンスのエンダルジシリーズ「キャラメル ナッツ チューバー」。1箱5本入り。1本あたり約156円。

キャラメル ナッツ チューバーの成分表
エネルギー130kcal
たんぱく質5g
脂質8g
炭水化物17g
-食物繊維6g
-砂糖1g
-糖アルコール9g
キャラメル ナッツ チューバーの中身

ナッツロールバーより、こっちのほうがよりスニッカーズみたいなバーです。甘さも強くて満足感があります。

キャラメルソースとプロテイン生地に細かいピーナッツの食感があり、甘さ一辺倒でなくピーナッツバターの塩気もあるのでクドすぎない感じです。

これで正味の炭水化物は2gなので、ダイエット中で甘いものがほしいときにオススメです。

チョコレート ココナッツバー

チョコレート ココナッツバーの箱

アトキンスのエンダルジシリーズ「チョコレート ココナッツバー」。1箱5本入り。1本あたり約156円。

チョコレート ココナッツバーの成分表
エネルギー170kcal
たんぱく質4g
脂質12g
炭水化物19g
-食物繊維9g
-砂糖1g
-糖アルコール8g
チョコレート ココナッツバーの中身

中身の白い部分はココナッツの繊維質で噛むとシャリシャリします。温度が高いとやわくなるっぽいですが、基本的に繊維なので野菜食べてる気分になります。

ココナッツはあまり好きではないですが、これはまあまあ食べられる感じ。独特の食感ですが。それなりに甘くてしっとりした感じだからでしょうか。

クッキー&クリームバー

クッキー&クリームバーの箱

アトキンスのミールバーシリーズ「クッキー&クリームバー」。1箱5本入り。1本あたり約230円。

クッキー&クリームバーの成分表
エネルギー200kcal
たんぱく質14g
脂質11g
炭水化物22g
-食物繊維9g
-砂糖1g
-糖アルコール9g
クッキー&クリームバーの中身

見た目「オレオ」っぽいですが、ほろ苦さとかはないのでオレオからはほど遠いです。

とはいえ、ややしっとりしつつザクっとした食感のあるパフとクリームが相まってなかなかおいしい。甘さも結構あります。これでほろ苦さがあれば最高だったのですが。

ところで封を開けたらブルーム起こしてるようで一度溶けたっぽいですね。こういうのが時々あります。

チョコレート カバード アーモンド

チョコレート カバード アーモンドの箱

アトキンス エンダルジのトリートシリーズ「チョコレート カバード アーモンド」です。1箱5パック入り。1パックあたり約156円。

チョコレート カバード アーモンドの成分表
エネルギー140kcal
たんぱく質3g
脂質12g
炭水化物12g
-食物繊維1g
-砂糖1g
-糖アルコール9g
チョコレート カバード アーモンドの中身

シンプルなチョコレートアーモンド。サイズは不揃いで大小様々。味のほうはというと正直微妙。

口に放り込んだ瞬間はアーモンドチョコレートそのものといった感じでテンション上がりますが、口に広がるにつれてチョコレートの風味が薄くなっていきます。

なんというか、まったりとした感じでどこかアルコールを思わせる印象。甘味料の味わいなのかわかりませんが後味がよくない。国内でいうところの準チョコレートみたいな感じ。

これよりもOptimum Nutrition プロテインアーモンド ダークチョコトリュフのほうがオススメ。ONのチョコアーモンドも低糖質です。

ウェハース クリスプ ピーナッツバター

ウェハース クリスプ ピーナッツバターの箱

アトキンス スナックシリーズの「プロテイン ウェハース ピーナッツバター」です。1箱5本入り。1本あたり約174円です。

ウェハース クリスプ ピーナッツバターの成分表
エネルギー190kcal
たんぱく質11g
脂質14g
炭水化物9g
-食物繊維5g
-砂糖1g
-糖アルコール1g
ウェハース クリスプ ピーナッツバターの中身

ホワイトチョコレートでコーティングされたプロテインウェハース。厚みはなくてサクサクしてますが、クリームはピーナッツバターなのでちょっと粉っぽい感じ。

1本あたりプロテイン11gあって、炭水化物は正味3gなので、糖質オフや筋トレ後のおやつにはピッタリ。

一般のウェハースが食べられるなら、このアトキンスのプロテインウェハースもそこそこおいしいです。

ダークチョコレート キャラメルクランチ バイツ

ダークチョコレート キャラメルクランチ バイツの箱

アトキンスのスイート&ソルティシリーズ「ダークチョコレート シーソルト キャラメル クランチ バイツ」。1袋約928円。

ダークチョコレート キャラメルクランチ バイツの成分表
エネルギー110kcal
たんぱく質7g
脂質7g
炭水化物14g
-食物繊維9g
-砂糖1g
-グリセリン1g
ダークチョコレート キャラメルクランチ バイツの中身

新しくリリースされた商品でシーソルトが特徴のようです。チョコラブのシーソルト板チョコが好きならこれもいいと思います。

ピーナッツとアーモンドにキャラメルの飴掛けをしてあり、食感は固めでカリっとしてます。飴かじってるような感じ。

もっとサクっとしたものを期待してると裏切られますが、 チョコと塩気がマッチしてておいしいです。

まとめ

11種類試食してみたなかで最もオススメなのは正直特にないです。どれも基本的においしいですが中毒性の高いものはない感じ。強いていうなら「クッキー&クリーム」と「クランチ バイツ」あたり。

逆にオススメしないのは、チョコレートアーモンドです。糖アルコール感があっておいしくないうえにアーモンドも小粒だったりします。

そのほかでは、冒険してみたいならココナッツバーに挑戦してみてください。