ドルチェグストで炭酸アイスコーヒー(ストロベリー)の作り方

そろそろ涼しい日も多くなってきましたが、暑い夏にピッタリのアレンジコーヒー「炭酸アイスコーヒー」を作ってみました。

ドルチェグストのアイスコーヒーブレンドを使いますが、炭酸水で割るので氷の急冷法で薄まるのを気にしなくていいのがメリット。

炭酸アイスコーヒーとは

文字通りアイスコーヒーを炭酸水で割ったコーヒー。名称としてはスパークリングコーヒー、コーヒーソーダなどと呼ばれているようです。

今回作るのは単に炭酸で割ったものではなくて、ストロベリーシロップ入りです。炭酸だけよりは飲みやすくなると思います。

炭酸アイスコーヒー(ストロベリー)の作り方

材料

  • ドルチェグスト専用カプセル「アイスコーヒーブレンド」・・・1個
  • 炭酸水(無糖、無香料)・・・40ml
  • ストロベリーシロップ・・・10ml
  • ガムシロップ・・・1個

手順

  1. グラスにストロベリーシロップを10ml入れる
  2. 氷を適量入れる
  3. アイスコーヒーブレンドを目盛り2で抽出
  4. 炭酸水を40ml注ぐ

作ってみよう

ストロベリーシロップと氷が入ったグラス

まずはストロベリーシロップ10mlと氷を適量入れます。シロップはモナンのものを使ってます。

カプセルホルダーにアイスコーヒーブレンドをセット

カプセルはアイスコーヒーブレンドを使います。目盛りは2で抽出します。

アイスコーヒーブレンドを抽出中

ホットで抽出して氷に注ぐようにして急冷します。あまり濃くする必要はないので氷に注いで急冷する方法でOK。

目盛り2だと50ml程度の抽出量になりますが、氷が溶けた分を合わせると最終的に80mlほどになるはず。

抽出したアイスコーヒーブレンドと炭酸水

炭酸水を入れるのでこの時点でシロップをかき混ぜたほうがいいかもしれません。炭酸水は無香料、無糖のものを。氷を追加したほうがいいですが面倒なのでこのままで。

炭酸アイスコーヒー ストロベリー味の完成

炭酸水を40mlほどゆっくり注いだら完成です。ストロベリーシロップとアイスコーヒーの組み合わせで炭酸割りですが、意外においしい。

炭酸入りだと苦味が強調されるような気もしますので、シロップをよく混ぜたほうがいいかも。ガムシロップを入れてもいいですが、シロップだけでもそれなりに甘くなります。

まとめ

これにバニラアイスをのせてフロートにしたりすればデザート系コーヒーになりますが、バニラアイスがなかったので省略。シロップと炭酸水があれば道具不要で簡単に作ることができます。

また、ストロベリーだけでなくオレンジなどのフルーツ系シロップであれば相性いいようなので、お好みのシロップでOKです。

ただし、ドルチェグストのアイスコーヒーブレンドは苦味が残る感じなので、シロップ多めにしたりガムシロップ使うなりして調節するといいかもしれません。

買うのは待て!ドルチェグスト無料キャンペーンまとめ




買うのは待て!
ドルチェグスト無料キャンペーンまとめ

普通に買うより断然お得なマシン無料のカプセル定期便を徹底解説。導入コストゼロ、低ランニングコスト。