ドルチェグストでアイス カプチーノの作り方

今回はドルチェグストで「アイス カプチーノ」を作ってみました。

ふわふわミルクを作るためにミルクフローサーが必要になりますが、それ以外はミルクを用意すればいいだけなので簡単です。

アイス カプチーノとは?

カプチーノはエスプレッソをベースにスチームドミルクを注ぎ、表面にフォームドミルクを乗せたコーヒーです。フォームドミルクの上にシナモンパウダーを振りかけたりもします。

アイス カプチーノは、それを冷たく飲めるようにしたものです。エスプレッソなどは冷やさないといけないので手間が増えますが、ドルチェグストで作るときは面倒なので氷で急冷する方法を取ってみました。

アイス カプチーノの作り方

材料

  • エスプレッソ インテンソ・・・1個
  • 牛乳・・・50ml
  • フォームドミルク・・・50ml
  • ガムシロップ・・・1個

手順

  • カップに冷たい牛乳を50ml入れる
  • ガムシロップを入れて混ぜる
  • 氷を適量入れる
  • エスプレッソ インテンソを目盛り2で抽出
  • フォームドミルクをスプーンで乗せる

ドルチェグストで作ってみよう

アイス カプチーノの材料

今回はフォームドミルクを使うので「ミルクフローサー」が必要になります。先端に泡立てできる輪っかがついて回転するやつ。使っているのはカリタ ミルクフローサーです。

フォームドミルクは事前に用意しておきます。ミルク50ml程度を電子レンジ500Wで20~30秒温めて、フローサーで泡立てます。冷たいミルクだと牛乳によって泡立たない場合がありますし、泡立ってもすぐボコボコになってしまいます。

泡立てが面倒くさいならエアロチーノなどの自動泡立てマシンがありますので、そちらをお求めになってもいいと思います。お値段高いですが。

エスプレッソ インテンソをカプセルホルダーにセット

カプチーノはコーヒーにエスプレッソを使うので、専用カプセルの「エスプレッソ インテンソ」を使います。目盛りは推奨どおり2つで抽出。

ドルチェグストでエスプレッソ インテンソを抽出中

なるだけ氷に当たって急冷できるように抽出します。ただ、この方法だとどうしても薄まります。手間をかけてもいいなら、エスプレッソは別に抽出して冷ましておいてください。

カクテルシェーカーに抽出して流水にさらすのが簡単です。もちろん氷水はボウルなどに張ってキンキンに冷してもいいです。

抽出後にフォームドミルクを乗せる

あとは用意しておいたフォームドミルクをスプーンですくって乗せていきます。

アイス カプチーノ完成

アイス カプチーノ完成。

ですが、この時点で氷はほぼ溶けている感じです。アイスになってはいますが、やっぱり薄くなっちゃうのでエスプレッソは別に冷やしておくのがいいです。

冷ましたエスプレッソで作ったアイス カプチーノ

別の機会にエスプレッソを冷ましてアイス カプチーノを作ってみました。やっぱりこっちのほうが濃いめでおいしい。

コーヒーの冷却方法についてはドルチェグストでアイスコーヒーの作り方で書いてあります。カクテルシェーカーにドルチェグストで抽出して水道水で冷ます方法を使いました。

まったく同じではつまらないので、ミルクにバニラシロップを適量加えて、シナモンパウダーを振りかけてみました。手間は増えますが、ドルチェグストのラインナップにはない味わいを楽しめます。

まとめ

ご存知の方も多いと思いますが、ドルチェグストの純正カプセルには「アイスカプチーノ」があります。

アイスカプチーノは、アイス側(といっても常温水)で抽出するように説明書きに記載されています。なんで通常の水で抽出できるかというと、カプセルの中身がコーヒー粉でなく「コーヒー粉末」、いわばインスタントコーヒーだからです。

インスタントといっても高級志向のインスタントといった感じですが、せっかくマシンを使うのですからコーヒー粉から抽出したカプチーノのほうがオススメです。

ミルクフローサーは必要ですが、ミルクを用意するだけなので、1杯120円程度するアイスカプチーノよりコスパ的にもお得です。

買うのは待て!ドルチェグスト無料キャンペーンまとめ




買うのは待て!
ドルチェグスト無料キャンペーンまとめ

普通に買うより断然お得なマシン無料のカプセル定期便を徹底解説。導入コストゼロ、低ランニングコスト。