初期コストなし!ドルチェグスト無料レンタルサービスまとめ

nescafe-dolce-gusto-piccolo-premium-eyecatch

案外知らない人も多いと思いますが、ネスレでは「ドルチェグスト無料レンタルサービス」を個人向けに提供しています。

初期コストゼロでドルチェグストを使える機会なので、マシン購入を検討している方はチェックしてみることをおすすめします。

ドルチェグスト無料レンタルサービスとは?

15種類以上のカプセルを楽しめる人気のカフェマシン「ドルチェグスト」を個人向けに無料レンタルできるネスレの公式サービスです。

無料レンタルできるというとハードル高そうなイメージですが、条件は非常にゆるくて「カプセル定期便」に申し込むだけ。

その「カプセル定期便」自体メリットが多く、カプセルが市場最安値レベルで購入できたり、無料レンタル中はずっと無料修理してくれます。

ただし、申し込む前に押さえたおきたい注意点もありますので、以下で詳しく解説していきます。

無料レンタル対象マシン

無料レンタルできるというと古いマシンではないか心配になるかもしれません。

レンタル可能なマシンは最新マシンではありませんが、「ジェニオ2 プレミアム」というドルチェグストシリーズでも使いやすいマシンです。

オートストップタイプで抽出量を設定でき、抽出も自動停止してくれます。給水タンクは1Lあって家族での使用も問題ないですが場所を取らない省スペース。

操作は抽出目盛りの増減や抽出開始もレバー一本だけで済むため、老若男女誰でも扱いやすいマシンになってます。

ジェニオ2 プレミアム
画像 ネスカフェ ドルチェ グスト ジェニオ2 プレミアム ワインレッド MD9771-WR
抽出方法 オートストップ
操作形式 レバー
タンク容量 1L
ポンプ圧力 最大15気圧
サイズ 幅16.5cm
高さ29.6cm
奥行き25.7cm
重量 2.7kg
定格消費電力 1460W
Amazon価格 8,679円

※Amazon価格は記事作成時のものです。

申し込みの条件

ドルチェグストのマシン無料レンタルサービスの申し込みには以下の条件があります。

  • 個人・家庭でのご利用
  • カプセル定期便の申し込み
  • クレジットカードによる支払いのみ

カプセル定期便について

「カプセル定期便」はドルチェグスト専用カプセルを定期配送してくれるサービスです。

特典

  • カプセルが特別価格で購入できる(6箱コースで10%OFF)
  • レンタル中はずっと無料修理
  • 送料無料

サービス内容

  • 2ヶ月ごとに自動配送
  • 4箱以上コースと6箱以上コースの2つのプラン
  • 1箱ごとにカプセルの種類を選択できる
  • お届けごとにカプセルの種類や数量を変更可能
  • 送料無料

注意点

  • 3回以上の継続必須
  • 解約時はマシンを返却(送料は負担する)

解約方法

カプセル定期便を解約したい場合は、次回のお届け予定日の2週間前にネスレ通販コールセンターに電話で申し込むだけ。

カプセル定期便は本当にお得か?

ドルチェグストマシン無料レンタルサービスに申し込むにあたって不安に思う点は「カプセル定期便のカプセル特別価格は本当にお得か?」だと思います。

そこで通常価格だけでなくAmazon価格も比較検証してみました。

カプセルのコスト

カプセル定期便を利用した場合の「5%OFF価格」「10%OFF価格」「1杯あたりのコスト」「年間差額」をまとめました。

結論をいうと通常価格と比較して1ヶ月分以上のコーヒー代がまるまる無料になります。

年間差額は6箱コースで年36箱を購入した場合です。杯数ベースの場合は1箱8杯のカプセルは年間差額が倍になります。
カプセル(1箱923円・16杯)
  • レギュラーブレンド
  • レギュラーブレンド カフェインレス
  • オリジナルブレンド
  • リッチブレンド
  • モカブレンド
  • ローストブレンド
  • カフェオレ
  • カフェオレ カフェインレス
  • カフェオレ インテンソ
  • アイスコーヒーブレンド
  • エスプレッソ
  • エスプレッソ インテンソ
通常価格 923円(1杯58円)
5%OFF 876円(1杯55円)
10%OFF 831円(1杯52円)
年間差額 3,312円(10%OFFの場合)
カプセル(1箱923円・8杯)
  • カプチーノ
  • ラテ マキアート
通常価格 923円(1杯115円)
5%OFF 876円(1杯110円)
10%OFF 831円(1杯104円)
年間差額 3,312円(10%OFFの場合)
カプセル(1箱980円・16杯)
  • 宇治抹茶
通常価格 980円(1杯61円)
5%OFF 930円(1杯58円)
10%OFF 882円(1杯55円)
年間差額 3,528円(10%OFFの場合)
カプセル(1箱980円・8杯)
  • アイスカプチーノ
  • ティーラテ
  • 宇治抹茶ラテ
  • チョコチーノ
  • ソイラテ
通常価格 980円(1杯123円)
5%OFF 930円(1杯116円)
10%OFF 882円(1杯110円)
年間差額 3,528円(10%OFFの場合)
カプセル(1箱1274円・12杯)
  • 濃い抹茶
通常価格 1,274円(1杯106円)
5%OFF 1,210円(1杯101円)
10%OFF 1,146円(1杯96円)
年間差額 4,608円(10%OFFの場合)

Amazon価格と比較

次ぎにAmazonのカプセル価格と比較してみます。Amazonより安いか同じぐらいならカプセル定期便に申し込んでもデメリットはないわけです。

Amazon通常注文の場合

Amazonではカプセルに対してポイント還元することがあります。ポイント付与率はカプセルや時期によって変わり、通常価格の10%のこともあれば1%だったりもします(10%以上はほぼなし)。まったくポイントがつかないカプセルもあります。

カプセル定期便の場合、6箱コースならどのカプセルも安定して10%OFFですので、カプセル価格だけの特典でもお得です。

カプセル 定期便価格 Amazon価格
レギュラーブレンド 831円 924円(93P)
オリジナルブレンド 831円 924円(9P)
カフェオレ インテンソ 831円 924円(なし)
カプチーノ 831円 924円(93P)
チョコチーノ 882円 980円(9P)
宇治抹茶 882円 980円(98P)

Amazon定期便の場合

実はAmazonにも定期便サービスがあり、通常価格から5%OFFまたは10%OFFで購入できます。ただし、以下の条件があります。

  • 同じカプセルの3箱セットのみ定期便対象
  • 通常は5%OFF
  • 10%OFFにするには「同月に同じ住所宛の配送が3件以上」ある場合
  • 配送頻度は1~6ヶ月

こんな感じなのでネスレのカプセル定期便と比較すると使いにくいプランになってます。

記事作成時点では「濃い抹茶」と「カフェオレ インテンソ」は、1箱単位で通常10%OFFになってます。

シミュレーション

上記でカプセル定期便のカプセル価格はほぼ市場最安値レベルなのがわかったと思います。

あとはカプセル定期便を利用した場合に「1日の消費ペース」「1ヶ月のコスト」で問題なければ、ドルチェグスト無料レンタルサービスに申し込むか否かの目安になるでしょう。

1日の消費ペース

最低箱数を注文した場合の1日あたりの飲む杯数です。

カプセルは1箱16杯または8杯のいずれかのため、どちらかのみを飲んだ場合で計算して最小値と最大値を出してみました。

4箱コースは、カプセルの組み合わせによって、1日0.5杯~1杯の間で変動します。

6箱コースは、カプセルの組み合わせによって、1日0.8杯~1.6杯の間で変動します。

1箱16杯タイプ 1箱8杯タイプ
4箱コース 1日1杯(月32杯) 1日0.5杯(月16杯)
6箱コース 1日1.6杯(月48杯) 1日0.8杯(月24杯)

1ヶ月のコスト

最低箱数を注文した場合の1ヶ月あたりの費用を出してみました。

カプセルは価格帯において1箱923円または980円(通常価格の場合)のどちらかのため、別々に計算して最小値と最大値を出してみました。

4箱コースの場合は、カプセルの組み合わせによって、1ヶ月あたり1,752円~1,860円の間で変動します。

6箱コースの場合は、カプセルの組み合わせによって、1ヶ月あたり2,493円~2,646円の間で変動します。

1箱923円タイプ 1箱980円タイプ
4箱コース(5%OFF) 1,752円 1,860円
6箱コース(10%OFF) 2,493円 2,646円
「濃い抹茶」だけ1箱1274円しますがメインの価格帯でないので除外しています。

ドルチェグスト無料レンタルサービスに向いている人は?

以上のことから考えると次のような方がドルチェグスト無料レンタルサービスに向いていると思います。

初期コストゼロでマシンを使いたい場合

無料レンタルサービスなのでマシンの所有権はネスレにありますが、カプセル以外の初期コストゼロでドルチェグストを使えるのはユーザーにとってうれしいメリット。

カプセル定期便を3回以上継続する必要はあるとはいえ、評判の高いカフェマシンとしてカプセルも人気ですし、ラインナップは15種類以上あって飽きにくいため、ハードルは低いといえます。

さらにカプセル自体もそこらへんのスーパーなどで買うよりずっと安いので、ドルチェグストを普通に買って使うより、無料レンタルのほうがオススメです。

ランニングコストを減らしたい場合

無料レンタルサービスの特典として「ずっと無料修理」してくれるのも見逃せないポイントです。

保障期間内の故障や不具合ならいいですが、期間外であれば新たに買い直しするしかありません。マシン本体代金はオートストップマシンであれば8,000円程度しますので、故障した場合のコストはかさみます。

無料レンタルサービスであれば、その修理コストはゼロにできるうえ、カプセルも市場最安値レベルなので、ランニングコストも圧縮することが可能です。

マシンを買い換えたい場合

ドルチェグストは以前から人気があり、初期のマシンを未だに愛用しているユーザーも少なくないと思います。

手動停止のマニュアルマシンからオートストップマシンに乗り換えたいとか、古いマシンなので不具合が出てきたが保証期間が過ぎているなど、マシンを新しくしたい場合に無料レンタルサービスはぴったりです。

普段カプセルを買っているところをカプセル定期便に変更するだけで新しいマシンを無料で使えます。

1日1杯以上コーヒーを飲む場合

カプセル定期便の6箱コースを利用しても1日に飲む杯数は0.8~1.6杯でしかありません。

家族でドルチェグストを使うなら少ないぐらいのペースですし、一人でも1日1~2杯で問題なく消費できるでしょう。

毎日缶コーヒーを飲んでるとか、朝に家族分のコーヒーを淹れているなど、1日1杯以上のコーヒーを消費しているなら、そのままドルチェグストのカプセル定期便に置き換えてもいいのではないでしょうか。

まとめ

個人向けのコーヒーマシン無料レンタルサービスなんてなかなかありません。ネスレ以外にはUCCのドリップポッドぐらいでしょうか。

しかも、利用条件のカプセル定期便は、解説してきたようにユーザーにメリットしかないような内容になってます。マシン代金ゼロ、低ランニングコストでドルチェグストでおいしいコーヒーやバラエティドリンクを楽しむことができます。

もしドルチェグストを購入予定なら、マシン無料レンタルサービスの利用を検討してみてはいかかでしょうか。

▼バラエティボックスもらえる▼
マシン無料レンタル/ネスカフェ ドルチェ グスト