電気ケトル購入ガイド

電気ケトルを選ぶときに役立つ基礎知識をまとめました。(編集中)

チェックポイント

電気ケトルを選ぶときに、事前知識として把握しておくと、どれにするべきか判断しやすくなるポイントをまとめてみました。

材質
材質は「樹脂製」と「ステンレス製」に大きく分けられる。樹脂製はボディが熱くなりやすく、人によってはプラスチック臭が気になる場合もあり。ステンレス製は丈夫で汚れにくい反面重量がある。

構造
ボディが熱くなりにくい二重構造や倒れてもお湯が漏れにくい構造の電気ケトルは、特に子供がいる家庭では便利。またフタを完全に取り外すことができればお手入れがしやすい。

容量
電気ケトルで沸かせる水の容量。主に「0.6L」「0.8L」「1L」「1.2L」のほかファミリーサイズがある。大は小を兼ねるで容量が大きくても少量のお湯が沸かせるが、逆はできないので用途をよく吟味しておきたいところ。また、容量が大きくなればサイズも大きくなるので場所を取る。

沸騰速度
消費電力が高い高出力のほうが早く沸く。その分電気代が必要になるが沸騰までの時間も早くなるのでコスト的には相殺される。朝の忙しい時間帯では沸騰速度が早いほうが便利だし、お湯が足りなかったときのリカバリーもしやすい。

温度設定
お湯の保温や温度設定ができるモデルもある。1時間程度保温してくれたり、三段階温度設定できるものがある。電気ポットほど高性能でなくても、赤ちゃんのミルクを作ったり、食事の時間にバラツキがあるなど家庭環境によっては重宝する。

お湯の質と注ぎ
カルキ抜き機能が搭載されていれば紅茶やコーヒーなどおいしく飲める。ただし、沸騰を続けることでカルキを抜くため電気代はかかる。また、注ぎ口が工夫されていてなめらかなお湯が淹れられるものがある。ドリップコーヒーなどこだわりたい方は確認しておきたい。

定番メニューのお湯の量

電気ケトルを購入する際、何リットルの容量を選ぶべきか悩みどころ。普段飲んでいるインスタントコーヒーがどれぐらいお湯の量が必要か意外と分からないものです。そこで、定番メニューに必要なお湯の量をだいたいですがまとめてみました。

お湯の量 2人分 3人分
コーヒー 140~200ml 280~400ml 420~600ml マキシム インスタントコーヒー 140~180ml
ネスカフェ スティックコーヒー カプチーノ 130ml
紅茶 100~160ml 200~320ml 300~480ml 日東紅茶 デイリークラブ 150~160ml
日東紅茶 レモンティー 100ml
インスタントスープ・味噌汁 180~250ml 360~500ml 540~750ml あさげ 180ml
コーンスープ 150ml
カップラーメン 300~500ml 600~1000 900~1500 カップヌードル 300ml
スーパーカップ1.5倍 しょうゆラーメン 520ml
カップ焼きそば 500~540ml 1000~1080ml 1500~1620ml ペヤングソースやきそば 500ml
明星 一平ちゃん夜店の焼そば 540ml

電気ケトルの容量は、0.6L、0.8L、1L、1.2Lぐらいが代表的なサイズ。ファミリー向けに1.7Lなどの大容量もあります。デロンギの電気ケトルなんかは、0.75Lという微妙なサイズがあったりする。

代表的な3人家族を前提の場合、紅茶・コーヒー・スープといった飲み物系は、0.8Lサイズがピッタリの容量。これで十分な気もしますが、アマゾンや楽天などのランキングを見ると、価格の安さと容量の大きさから、ティファール ジャスティンプラス 1.2Lサイズがよく売れてます。

独身で自分ひとりしか使わない場合は、0.6Lで上記定番メニューをすべてカバーできます。ただし、家族ができた場合のことを考えてそれ以上のサイズを選択すれば、長い間使い続けることが可能かと。

比較表

主要メーカーの電気ケトルを比較してまとめました。調査対象のメーカーは以下のとおり。

  • ラッセルホブス
  • デロンギ
  • タイガー
  • 象印
  • ドリテック
  • レコルト
  • ティファール
  • ブリタ
  • プラスマイナスゼロ
  • 山善
  • 日立
  • ビタントニオ
  • オークセール
  • テスコム
  • ツインバード

プラスチック製電気ケトル比較表

ステンレス製電気ケトル比較表

内部ステンレス製電気ケトル比較表

フッ素加工電気ケトル比較表

ガラス製電気ケトル比較表

公開日:
最終更新日:2016/03/08