コロナ コアヒートスリム DH-914R

コロナ(CORONA) 遠赤外線電気ストーブ「コアヒートスリム」(省エネ「ecoモード」搭載) ホワイト DH-914R(W)

コロナ コアヒートスリム DH-914Rは、同社のコアヒートのスリム版です。ステンレスヒーター管が1本になってスリムになった以外は基本的な機能や特徴はほとんど同じ。

ここではコアヒートとの違いのみ見ていきますので、それ以外の具体的な内容に関してはコアヒートのページをご覧ください。

ECOモード

ECOモードは温度センサーによって室温を感知して自動的にパワーを抑えた運転をする省エネモードです。エアコンなど部屋全体を暖めるメイン暖房と併用するときに威力を発揮する機能で、室温18度で30%以上節約できるというのがメーカーの主張です。

コアヒートではECOモードは搭載されていません。そのかわりに体感温度を維持しながらパワーの強弱をつけて電気代を抑える「ゆらぎ運転」が可能です。

10段階の温度調節ダイヤル

コアヒートスリムは10段階の温度調節ができます。パワーの出力は340~900Wになります。これはコアヒートのパワーに置き換えると1~8段階に相当します。

コアヒートは10段階に加えてハイパワーが搭載され合計11段階の温度調節が可能です。パワーの出力は340~1150Wまでになります。

切タイマーの設定時間

切タイマーの時間設定がコアヒートより少なく1・2・3時間の3段階までです。コアヒートにはそれに加えて0・5時間を設定できます。マイコン制御なのは同じなのでタイマーの音はしません。

本体の回転と角度調節

コアヒートでは本体の輻射部をタテ・ヨコ向きに回転させたり、上下の角度調節が可能でしたがコアヒートスリムではどちらもできません。首振りは同じ範囲でさせることができます。

楽天みんなのレビューを読む
amazonカスタマーレビューを読む

公開日:
最終更新日:2014/12/31