イデア カーボンファンヒーター ノスタルストーブ

BRUNO カーボンファンヒーター Nostal Stove L アイボリー BOE002-IV

イデアのブルーノブランドの「ノスタルストーブ」は、レトロな石油ストーブを思わせるデザインで人気のカーボンファンヒーターです。遠赤外線カーボンヒーターにファンが搭載されて温風を出すというあまり類を見ない電気ストーブです。SサイズとLサイズがあり、機能的な部分はほとんど同じですが、ここではLサイズについて取り上げます。

発熱体はカーボンを素材としており人体に吸収されやすい遠赤外線を放射します。目安としてカーボンヒーターはハロゲンヒーターの約2倍の暖かさとされています。ハロゲンは人体に吸収されにくい近赤外線が主体だからです。ただし、体感的に2倍暖かいかは疑問です。

パワーは500~1000Wまで出力が可能で廉価なカーボンヒーターより50~100W程度高いです。体感的にはよく分からない程度ですが、この価格帯(12000円前後)の電気ストーブでは珍しく、出力の無段階調節が可能です。センサーによる省エネ運転こそありませんが、細かく調節することで電気代の節約につながるはずです。

ノスタルストーブは、ファンが搭載されており温風を出すことができます。送風量の調節はできずファンの音がそれなりにするそうです。温風の広がりがあるのでカーボンヒーターより広い範囲でも暖かさを感じるようです。ただし、残念ながらファンのオンオフの切り替えができません。温風が苦手でいざとなれば切ればいいやと考えている方は注意したいところ。

オフタイマーも搭載されており、ダイヤルを回転させて0.5~3時間の範囲で設定できます。出力調節ダイヤルと同じで無段階です。ただし、カウントダウンのように巻き戻らないので、設定した時間を記憶しておかないと残り時間はわかりません。逆に言えばいつも同じ時間のオフタイマーを作動させたいときには設定し直す必要がないので便利です。

そのほかに関しては、まず首振りができませし、上下の角度を変えるようなこともできませんので可動性はありません。安全装置については、転倒OFFスイッチと過熱防止装置が搭載されています。

デザイン家電にはいる電気ストーブですが、材質はしょせん樹脂なので安っぽさは否めません。おもちゃっぽくて逆にカワイイと感じる人もいますが。ファンの搭載や出力の無段階調節といった特徴もありますが、機能的に値段と釣り合うかは個人的には微妙。どうしてもこのデザインがよいという人向けかなと。

楽天みんなのレビューを読む
amazonカスタマーレビューを読む

公開日:
最終更新日:2014/11/30