ネスカフェバリスタのコーヒー抽出量と調節範囲まとめ

ネスカフェバリスタで抽出できる各コーヒーメニューの標準抽出量と湯量設定の変更できる範囲についてまとめました。

マシン本体で設定する場合の湯量調節量だけでなく、アプリを使ったメニューのカスタマイズ量についても記載しました。

カスタマイズできるコーヒーメニュー

基本的に「マシン本体」の湯量設定を変更できるのは「ブラックコーヒー」「ブラックコーヒーのマグサイズ」「エスプレッソタイプ」だけです。「カプチーノ」や「カフェラテ」メニューは湯量設定を変更できません。

カプチーノやカフェラテメニューでコーヒーの濃さをカスタマイズしたい場合は、ネスカフェアプリを使うか(アプリ対応マシンである必要があります)、下記の記事で説明した方法を使うしかありません。

ネスカフェバリスタのコーヒーの濃さを調節する方法まとめ

2017年11月7日

対応マシン

湯量設定できるバリスタの種類は「バリスタシンプル」を除く機種になります。

バリスタシンプルは変更した湯量を記憶できません。ただし、抽出中に停止させてお好みの濃さにしたり、クリーニングボタンでお湯だけ出して薄めることはできます。

アプリによるカスタマイズにも対応してますが、コーヒーパウダー量は2g固定になってます。また、カプチーノとブラックコーヒーマグサイズはメニューありません。

【レビュー】レバー式新型バリスタ「ネスカフェ バリスタシンプル」を買ってみた

2018年9月20日

コーヒーメニューの抽出量と調節範囲

マシン本体で設定する場合

表の「泡立て量」は、カプチーノやカフェラテメニューで泡立てるときのジェットノズルから出る「お湯の量」です。クリームパウダーでなくミルクを使う場合は、そのぶんだけ量が増えます。

また、「新カプチーノ」はバリスタ50でレシピが改良されたカプチーノメニューのことです。

メニュー名標準量湯量調節
ブラックコーヒー140ml70~210ml
ブラックコーヒー(マグサイズ)210ml100~300ml
エスプレッソタイプ80ml40~120ml
カプチーノ140ml(泡立て量50ml+コーヒー90ml)×
新カプチーノ180ml(泡立て量60ml+コーヒー120ml)×
カフェラテ160ml(泡立て量30ml+コーヒー130ml)×

ネスカフェアプリで設定する場合

ネスカフェアプリでは湯量だけでなくコーヒーパウダー量と泡立ち量も設定できます。アプリの更新で変更になる可能性もありますが、現在のところ下記の表の範囲でカスタマイズできます。

カフェラテ、カプチーノメニューの泡立て量は表には記載してませんが、コーヒーパウダー量の増減に関係なく、30~60mlの範囲で設定できます。

 1g2g3g4g
エスプレッソ40~60ml60~120ml100~180ml
ブラックコーヒー40~120ml70~200ml100~270ml
ブラックコーヒーマグサイズ70~200ml100~270ml140~300ml
カプチーノ60~140ml100~210ml140~240ml
カフェラテ40~80ml60~180ml100~220ml
アイスコーヒー40~60ml70~120ml100~180ml




コスパ最強!
ネスカフェバリスタ無料レンタル

アプリ対応マシン「バリスタ i」無料レンタルサービスがメリットしかない理由とは?