「ネスカフェ バリスタ TAMA」でカフェラテ・カプチーノを濃くする方法

ネスカフェ バリスタのロゴ
「ネスカフェ バリスタ TAMA」でつくるカフェラテ・カプチーノは味が薄いです。裏技的な濃くする方法が取扱説明書に載されていますが、その通りにやってもこれが全然うまくいきません。試行錯誤してようやくやり方がわかりましたのでご紹介します。

取扱説明書にある方法

ブラック系メニューは、湯量を設定して濃さを調節できますが、ミルク系メニュー(カフェラテ・カプチーノ)は通常ではできません。そのため、取扱説明書では下記の方法が紹介されています。

  1. カップにミルク(またはクリームパウダー)を入れる。
  2. カプチーノメニューまたはカフェラテメニューをタッチして抽出する。
  3. 高圧ジェットノズルから熱いお湯が出初めてから、約5秒で、再び選択したメニューに触れてお湯をとめる。
  4. エスプレッソメニューをタッチして抽出する。

これでコーヒーの液量は少なくなるものの、より濃いコーヒーを楽しめるということですが、この通りにやってみてもお湯がとまらず、通常どおりに抽出されてしまいます。

カプチーノを濃くする方法

薄いカプチーノを何杯も飲むはめになりながらいろいろ試してみたところ、ようやく方法がわかりました。「約5秒後」ではなく「高圧ジェットノズル終了直後」でした。手順を示すと以下のようになります。

  1. カップにミルク(またはクリームパウダー)を入れる。
  2. カプチーノメニューにタッチして抽出する。
  3. 高圧ジェットノズルが終了した直後に再びカプチーノメニューをタッチして抽出をとめる。
  4. 続けてエスプレッソメニューをタッチして抽出する。

カプチーノはこれで濃さを調節できます。ミルクを泡立てるジェット噴射だけ利用してコーヒーの液量はエスプレッソにするわけです。あらかじめエスプレッソメニューで湯量調節しておけばさらに濃くすることも可能です。

しかし、なぜかカフェラテメニューでは、この方法でもうまくいきません。

コーヒーを濃くするもう一つの方法

最近気づいたのですが、コーヒー抽出中に強制終了することができます。観察してみるとわかりますが、コーヒー抽出液ははじめは濃く、だんだん薄くなり、最後はお湯に近い状態になります。そんな感じで濃さを調節しているみたいなので、途中で終了させることで結果的に味を濃くできるわけです。

  1. 抽出したいメニューアイコンをタッチ。
  2. 抽出をはじめると選択したメニューアイコンが「点滅」する。
  3. 抽出中の中間あたりで選択したメニューアイコンが「点灯」に切り替わる。
  4. 「点灯中」に好きなタイミングで選択したメニューアイコンにタッチ。
  5. 抽出が強制終了する。

これは全てのメニューで可能です。抽出の詳しい仕組みを知らないので、湯量設定した場合と濃さにおいてどう違うのかわかりませんが、コーヒーが濃くなるのは確かです。これでカフェラテメニューでも味を濃くすることができます。

ただし、取扱説明書には、「抽出中にはタッチパネルや電源ボタンに触れないでください」とあるので自己責任でお願いします。

まとめ

この記事はネスカフェ バリスタの新型「TAMA」を対象にしています。公式サイトのFAQは旧型の操作方法のようですし、付属の取扱説明書だけでなくダウンロードして読んでも、現在のところ上記のことは記載されていません。おかげで不良品つかまされたかと心配になりました。

「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ TAMA」を買ってみた

ネスカフェ バリスタ アイが無料になる方法

ネスカフェ アンバサダー徹底ガイド

コスパ最強!
ネスカフェバリスタ無料レンタル

アプリ対応マシン「バリスタ i」無料レンタルサービスがメリットしかない理由とは?