ネスカフェ バリスタの新型「TAMA」と旧型の違い

      2016/10/02

ネスレ コーヒーメーカー ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ TAMA ピュアホワイト HPM9633PW

インスタントだけど手軽に美味しいコーヒーが飲めると評判の「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ」。所詮インスタントだろと思っていたのですが、工夫すれば十分飲めるようになるという記事を読んで興味を引かれて買ってみることにしました。

で、去年の10月に新型の「TAMA HPM9633/SPM9633」が発売されましたけど、旧型「PM9630/PM9631」と実勢価格差が2000円ぐらいあります。機能的にそれほど違いがなければ旧型でもいいかな~と思い、違いがよくわからなかったので調べてみました。

ネスカフェ バリスタ TAMAの変更点

メニューの種類と選択

メニューは「エスプレッソ」「ブラックコーヒー」「ブラックコーヒーマグサイズ」「カフェラテ」「カプチーノ」の5種類あり同じですが、メニューの選択方法がボタンからタッチパネルになりました。

なお、カフェラテとカプチーノは抽出量の調節が基本的にできない点も同じ。(裏技的な方法で濃さを調節できます)

コーヒータンク

新型はマシン上部からコーヒータンク内の残量を確認することができます。旧型でも天窓みたいなものがありますが、コーヒータンクの補充口のキャップで隠れて残量を確認できないみたいです。いちいちカバーを開けて確認する必要がなくなりました。

給水タンク

給水タンクに取っ手がついて給水時の持ち運びが楽になり、容量が800mlから1000mlに増えました。容量に関しては、標準の抽出量の場合だとそれぞれのメニューで中途半端になっていたようですが、200ml増えたことで切りがよくなり1杯分増えました。

本体サイズと重量

本体サイズが「幅17.8cm×高さ32.0cm×奥行き28.9cm」になり、幅と奥行きが数ミリ増え、高さが3.9cm低くなってます。重量に関しては3.4kgで200gの軽量化です。

まとめ

重要な機能について旧型との違いは以上になります。他にも細かい違いはあるかもしれませんが、ポンプ気圧や消費電力などのスペックは同じです。電源コードに関しては、太さが不評のようでしたが、消費電力に違いはないので同じでしょう。

とりあえず、「TAMA」のほうを買うつもりですので、届いたらそのあたりもレビューしたいと思います。

ネスカフェ バリスタ i (アイ)が無料・格安になる方法

ネスカフェ アンバサダー徹底ガイド

 - コーヒー, ネスカフェバリスタ