ドルチェグストが無料になる方法

nescafe-dolce-gusto-piccolo-premium-eyecatch

ネスレのカプセル式コーヒーメーカー「ドルチェグスト」が無料でもらえるキャンペーンが公式サイトで実施されています。申し込みにはカプセル定期便の利用が条件ですが、普通に買うよりお得です。

ドルチェグストを購入予定なら検討してみるといいかもしれません。

※最新の情報(2017-02-22)に更新しました。
※新しく4箱コースができましたので追記しました。

無料になる対象マシン

無料になるドルチェグストの対象マシンは「ジェニオ2」「ドロップ」です。デザインや操作形式などの違いはありますが、どちらでも同じように抽出できます。

「ジェニオ2」は某モノ系テスト批評紙でカプセル式コーヒーメーカーのなかでベストバイになった機種です。ドロップは新型で操作方法がタッチパネルになりました。

どちらも抽出方法はオートストップなので自動で抽出を停止できます。目盛り設定を変えて抽出量を変えることも可能です。

ジェニオ2 ドロップ
画像 ネスカフェ ドルチェ グスト ジェニオ2 プレミアム ワインレッド MD9771-WR ネスレ ネスカフェ ドルチェグスト レッドメタル DROP(ドロップ) MD9774-RM
抽出方法 オートストップ オートストップ
操作形式 レバー タッチパネル
タンク容量 1L 800ml
ポンプ圧力 最大15気圧 最大15気圧
サイズ 幅16.5cm
高さ29.6cm
奥行き25.7cm
幅25.2cm
高さ31.9cm
奥行き25.2cm
重量 2.7kg 3.0kg
定格消費電力 1460W 1460W
Amazon価格 8,679円 8,099

※画像は参考です。ジェニオ2はネスレ通販限定バージョンです。
※Amazon価格は記事作成時のものです。

申し込みの条件

ドルチェグストのマシン無料キャンペーンの申し込みには以下の条件があります。

  • 個人・家庭でのご利用(オフィス・法人は不可)
  • カプセル定期便の申し込み
  • クレジットカードによる支払いのみ

カプセル定期便の詳細

カプセル定期便とは、ドルチェグスト専用カプセルを5%OFFまたは10%OFFで購入できるサービスです。2ヶ月ごとに自動配送してくれます。

カプセル定期便

  • 2ヶ月ごとの定期配送
  • 1回の注文で最低4箱以上または6箱以上
  • 4箱コースはカプセル5%OFF、6箱コースはカプセル10%OFF
  • 送料無料
  • 1箱ごとにカプセルの種類を選択できる
  • 配送前にカプセルの種類を変更できる
  • ネスレ ショッピングポイントが2%に(1ポイント=1円で使える)
  • 無料修理期間が最長5年間に延長

カプセル定期便の補足

すでにマシンユーザー向けのカプセル定期便もあります。違いは下記項目だけです。それ以外は同じです。

  • 1ヶ月ごと、2ヶ月ごとの配送間隔を選択できる
  • 3回以上継続する必要あり
  • 代引き可(手数料324円)

カプセル定期便の解約

カプセル定期便を解約したい場合は、次回のお届け予定日の2週間前にネスレ通販コールセンターに電話で申し込む必要があります。解約の際は以下の点に注意が必要です。

  • ジェニオ2の場合、累計60箱未満で解約するとマシン本体代金7,800円(税込)を支払う必要がある
  • ドロップの場合、累計78箱未満で解約するとマシン本体代金12,800円(税込)を支払う必要がある
  • 無料修理期間が通常に戻る
  • ネスレショッピングポイントが1%に戻る

カプセルごとの杯数とコスト

カプセル1箱の価格と1杯あたりのコストを表にしました。

この表にないカプセルが存在しますが、販売終了になったもの。Amazonなどで在庫があるみたいですが、カプセル定期便では購入できません。

ちなみに、カプセル定期便の10%OFF価格は、Amazonやスーパー(近所調べですけど)で買うより安いです。5%OFF価格でもまだ安い。Amazonやスーパーだとコーヒー系・ラテ系は923円(税込)・バラエティ系は980円(税込)ぐらい。

Amazon価格について補足

Amazonには「Amazonパントリー」というサービスがあります。プライム会員限定で通常より安い「パントリー価格」で食品や日用品を箱にまとめて購入できます。

そのパントリー価格はポイント付与まで含めるとカプセル10%OFFと同じぐらいになります。ただし、Amazonパントリーを利用するには年会費3900円とパントリー手数料290円かかります。また、自動配送でもありません。

種類 杯数 10%OFF価格
(6箱コース)
5%OFF価格
(4箱コース)
コーヒー系
  • レギュラーブレンド
  • レギュラーブレンド カフェインレス
  • オリジナルブレンド
  • リッチブレンド
  • モカブレンド
  • ローストブレンド
  • カフェオレ
  • アイスコーヒーブレンド
  • エスプレッソ インテンソ
16杯 831円
(52円/杯)
876円
(55円/杯)
ラテ系
  • カプチーノ
  • ラテ マキアート
8杯 831円
(104円/杯)
876円
(110円/杯)
バラエティ系
  • ティーラテ
  • 宇治抹茶ラテ
  • チョコチーノ
  • ソイラテ
8杯 882円
(110円/杯)
930円
(116円/杯)
  • 宇治抹茶
16杯 882円
(55円/杯)
930円
(58円/杯)

※Amazonやスーパーでのカプセル価格は変動しますので必ずご確認ください。
※期間限定、数量限定カプセルは除外。

1日あたりの飲む杯数

最低箱数を注文した場合の1日あたりの飲む杯数です。

カプセルは1箱16杯または8杯のいずれかのため、どちらかのみを飲んだ場合で計算して最小値と最大値を出してみました。

4箱コースの場合

4箱コースは、カプセルの組み合わせによって、1日0.5杯~1杯の間で変動します。

コーヒー系カプセル
(16杯/箱)
ラテ系・バラエティ系カプセル
(8杯/箱)
4箱コース 1杯/日
(32杯/月)
0.5杯/日
(16杯/月)

6箱コースの場合

6箱コースの場合は、カプセルの組み合わせによって、1日0.8杯~1.6杯の間で変動します。

コーヒー系カプセル
(16杯/箱)
ラテ系・バラエティ系カプセル
(8杯/箱)
6箱コース 1.6杯/日
(48杯/月)
0.8杯/日
(24杯/月)

1ヶ月あたりのコスト

最低箱数を注文した場合の1ヶ月あたりの費用を出してみました。

カプセルは1箱831円または882円(4箱コースの場合、876円または930円)のどちらかのため、別々に計算して最小値と最大値を出してみました。

4箱コースの場合

4箱コースの場合は、カプセルの組み合わせによって、1ヶ月あたり1,752円~1,860円の間で変動します。

コーヒー系・ラテ系カプセル
(876円/箱)
バラエティ系カプセル
(930円/箱)
4箱コース(5%OFF) 1,752円 1,860円

6箱コースの場合

6箱コースの場合はカプセル10%OFFです。

6箱コースの場合は、カプセルの組み合わせによって、1ヶ月あたり2,493円~2,646円の間で変動します。

コーヒー系・ラテ系カプセル
(831円/箱)
バラエティ系カプセル
(882円/箱)
6箱コース(10%OFF) 2,493円 2,646円

累計箱数を購入した場合の合計金額

マシンが無料になる規定の累計箱数を購入した場合の合計金額です。

カプセルは1箱831円または882円(4箱コースの場合、876円または930円)のどちらかのため、別々に計算して最小値と最大値を出してみました。

4箱コースの場合

4箱コースの場合、カプセルの組み合わせによって、ジェニオ2は52,560円~55,800円、ドロップは68,328円~72,540円の間で合計金額が変動します。

マシン無料になる箱数 コーヒー系・ラテ系カプセル
(876円/箱)
バラエティ系カプセル
(930円/箱)
4箱コース(5%OFF) 60箱(ジェニオ2) 52,560円 55,800円
78箱(ドロップ) 68,328円 72,540円

 

6箱コースの場合

6箱コースの場合、カプセルの組み合わせによって、ジェニオ2は49,860円~52,920円、ドロップは64,818円~68,796円の間で合計金額は変動します。

マシン無料になる箱数 コーヒー系・ラテ系カプセル
(831円/箱)
バラエティ系カプセル
(882円/箱)
6箱コース(10%OFF) 60箱(ジェニオ2) 49,860円 52,920円
78箱(ドロップ) 64,818円 68,796円

結果一覧

上記の結果をまとめてみました。

4箱コースの場合

ジェニオ2 ドロップ
1日飲むペース 0.5~1杯 同じ
1ヶ月のコスト 1,752円~1,860円 同じ
マシン無料になる累計箱数 60箱 78箱
マシン無料までの継続期間 30ヶ月 39ヶ月
合計金額 52,560円~55,800円 68,328円~72,540円

6箱コースの場合

ジェニオ2 ドロップ
1日飲むペース 0.8~1.6杯 同じ
1ヶ月のコスト 2,493円~2,646円 同じ
マシン無料になる累計箱数 60箱 78箱
マシン無料までの継続期間 20ヶ月 26ヶ月
合計金額 49,860円~52,920円 64,818円~68,796円

マシン無料キャンペーンに向いている人は?

以上のことから考えると次のような方がドルチェグストのマシン無料キャンペーンに向いていると思います。

家族で利用する場合

カプセル定期便は最低箱数が「4箱コース」と「6箱コース」があります。4箱コースの場合は1日あたり0.5~1杯、6箱コースの場合は0.8杯~1.6杯です。家族で利用するなら余裕で消化できる範囲です。

むしろ足りないぐらいなので、箱数は6箱以上注文することになるはずです。その場合、マシンが無料になる累計箱数まで比較的早く到達できるでしょう。

1日1杯ペースの場合

自分ひとりしか利用しなくても、1日1杯~2杯程度飲むなら20ヶ月程度で累計箱数まで到達できます(ジェニオ2の場合)。ラテ系・バラエティ系カプセルは1箱8杯のため、それらを中心に飲む人ならもっとはやくなります。

また、最低4箱から申し込めるようになりましたので、1日1杯でも消費ペースは十分間に合うと思います。カプセルは4箱コースだと5%OFFですが。

マシン購入と同時に6箱以上注文する場合

ドルチェグストを購入予定で、なおかつカプセルを4箱または6箱以上注文する場合、マシン無料のカプセル定期便に申し込んでみてもいいかもしれません。

初回申し込み時に最低箱数の4箱または6箱以上注文しないといけませんが、マシン購入と同時にカプセルを同じぐらい買うつもりなら万一解約したとしても損がないわけです。

損がないだけでなくむしろお得といえます。というのは、解約したとして、カプセルが通常より安くなり、バラエティカプセル1箱付き。さらに、解約の際のマシン本体代金7,800円(ジェニオ2の場合)はAmazonで買うよりは安いからです。

ただし、マシンにドロップを選んだ場合は、カプセルは安くなるものの、バラエティカプセルはもらえません。解約時のマシン代金もAmazonで買うより高いので注意が必要です。

※Amazonのマシン本体価格は変動しますので必ずご確認ください。
※解約は次回のカプセルお届け2週間前までにする必要があります。

手動停止タイプからオートストップへ乗り換えたい場合

価格が安い手動停止タイプを買ったものの、抽出を自動停止するオートストップタイプに乗り換えたい場合もオススメです。カプセルの入手先をカプセル定期便にするだけで無料で新しいマシンが手に入ります。

2台目のマシンが欲しい場合

「所持しているマシンが調子悪い」「2台目が欲しい」などの場合も、カプセル定期便はオススメです。すでに使用しているわけですから、カプセル調達先をカプセル定期便にするだけで新しいマシンが手に入ります。

毎月コーヒー代を2500円程度かけている場合

毎日缶コーヒーを飲んでいるとかで、毎月コーヒー代に2500円以上使っているならドルチェグストに変えるのもあり。6箱コースでも1ヶ月2500円前後ですから、自販機で缶コーヒーを買うより安上がりです。気に入っている缶コーヒーなどがあるなら別ですが、なんとなく惰性で飲んでいるならドルチェグストのほうがおいしいと思います。

まとめ

ようするにマシン本体が無料になる累計箱数までカプセルを消費できるかどうかです。その後はカプセル定期便を続けてもいいしやめてもよし。マシン本体と同時にカプセルを4~6箱程度購入するつもりなら解約前提で申し込むのもありかと。

▼「バラエティカプセル」と「宇治抹茶」がもらえる!
コーヒーマシンが無料でもらえる!【ネスレ日本公式】

公開日:
最終更新日:2017/02/22