【レビュー】コーヒー感がアップした「ネスカフェ ゴールドブレンド コク深め」

nescafe-gold-blend-koku-hukame-eyecatch

ネスカフェ バリスタの詰め替えパック「ネスカフェ ゴールドブレンド コク深め」が新発売されていたので試してみました。コク深めということなのでラテ系メニューによさそう。

ネスカフェ ゴールドブレンド コク深め 35杯 70g

ネスカフェ ゴールドブレンド コク深めの詰め替えパック

ネスカフェ バリスタと90gビン用の詰め替えパック。35杯分です。通常のゴールドブレンドより多少値段が高め(実売価格的に)。

詰め替えパックの説明書き

「微粉砕したコーヒー豆の粒を包み込む『挽き豆包み製法』によりコーヒー豆の酸化を防ぐ」だそうです。内容量は70g。

飲んでみた

エスプレッソメニューで抽出してみた

ネスカフェ バリスタのラテ系メニューはどうしても薄くなりがち。泡立てるためのジェット噴射で結構な湯量を使うし、ラテ系メニューの場合は抽出量をコントロールできない(抽出途中でエスプレッソメニューに切り替えて濃くする方法はある)。

濃いのが好きなのでコーヒー感を上げるため「香味焙煎」を使ってたのですが、「コク深め」は確かに濃い味わい。ラテ系メニュー中心で飲むなら「コク深め」でいいんじゃないでしょうか。

ただし、普通にラテ系メニューで抽出すると薄くなるのは変わらない感じ。自分が濃いのが好きなせいもあるかもしれませんが、「ネスカフェ バリスタ TAMA」でカフェラテ・カプチーノを濃くする方法で書いたようにひと手間かける必要があるかなと。

個人的にはあまりカプチーノやカフェラテメニューは使わず、エスプレッソメニューで抽出してます。ミルクやクリームパウダーの泡立ちはなくなりますが、余計な湯量を使うことで薄くなりません。また、クレマに相当するものはあり、インスタント(ネスレによればレギュラーソリュブルコーヒーですが)にしては十分おいしくなります。

まとめ

今後は「香味焙煎」から「コク深め」を使っていく予定です。ブラック系メニューは試してないのでよくわかりませんが、ミルクなりパウダーなり使うなら「コク深め」のほうが相性いいかもしれません。

ネスカフェ バリスタ アイが無料になる方法

ネスカフェ アンバサダー徹底ガイド

コスパ最強!
ネスカフェバリスタ無料レンタル

アプリ対応マシン「バリスタ i」無料レンタルサービスがメリットしかない理由とは?