[レビュー] 日清シスコ チョコポップを食べてみた

   

nissin-chocopop-01

世間では「プレミアムポップコーン」が人気らしく「ギャレット」「ククルザ」といったアメリカンなポップコーンショップに並んでまで買うらしいです。

片田舎に住んでいるため、そんなこじゃれたお店はありませんので、かわりにスーパーで見かけた「日清シスコ チョコポップ」を試してみました。

ポップコーンにチョコってどうなのよ?と疑問でしたがこれが意外にハマります。

日清シスコ チョコポップ

nissin-chocopop-02

買ってみた「日清シスコ チョコポップ」です。ポップコーン×コーンフレーク×チョコレートという組み合わせ。小さめの袋で内容量は多くないので食べきれます。カロリーは279kcal。

nissin-chocopop-03

チョコだけでなく隠し味的に塩で味付けされていて、アルペンザルツ岩塩60%(食塩に占める割合)使用されています。

nissin-chocopop-04

取り出してみるとこんな感じ。塩味ポップコーンにチョコレートがコーティングされ、さらにチョコフレークがまぶしてあります。チョコフレークを使うのは日清ならではといった感じ。

食べてみた

これが結構おいしくてですね、すでにリピート気味です。

チョコフレークのサクサク感とポップコーンのモサモサ感の食感を同時に味わえ、甘くなりがちなところを岩塩がいいアクセントになります。

チョコのみだったら単調になるところ、組み合わせがいいのか飽きがきにくい。つい手を伸ばしてしまいますが、食べきりサイズなので食べすぎるといったことがありません。

「チョコポップ」はその名称のとおりチョコ味しかありませんが、プレミアムポップコーンみたいにバリエーションを期待したいところ。キャラメルとかホワイトチョコとか。

まとめ

ギャレットなどはお店に行かないと買えないわけですが、アマゾンや楽天で検索してみると業者が買い付けているようで販売されています。めっさ高くてさすがに買う気はしないけど。

ショップがインターネット通販に乗り出してくれればいいのですが、ちょっと気になる方は、輸入品の市販モノを試してみるといいかもしれません。

 - フード