新訳ジャパニーズホラーアドベンチャー「SIREN NEW TRANSLATION」[レビュー]

      2014/08/16

SIREN NEW TRANSLATION

PS3ゲームソフト「SIREN NEW TRANSLATION」を購入しました。PS2で発売された「SIREN」のリメイクということでメインキャラが外人さんになってます。土着的なジャパニーズホラーなのに片言の日本語とか話されるとちょっと萎える。せめて主人公は日本人にして欲しかった。まあ、海外向けに制作したんでしょうけど。

とはいえ、さすがにPS3のグラフィックで描かれる「屍人」は不気味。農家のおばちゃんが目から血を流しながら鎌を持って襲ってきますw

「ベラ」という女の子が民家で押入れに入り様子を伺うシーンでは、特に屍人の表情なんかは実写にせまるクオリティです。ストーリーが進むにつれて生物的なグロテスクさも追加され、より不気味さに拍車がかかります。

ゲームシステム自体は、前作と基本的と同じで、「視界ジャック」で屍人(敵)の視界を乗っ取り、行動パターンや攻略のヒントをつかんで進めていくというもの。いわゆるステルスゲーム。前作とは違って、視界ジャック中に移動できるようになってるので難易度は下がったと思いますが、視界ジャック中に聞こえてくる屍人の独り言が相変わらず不気味でもあり面白くもあります。

ストーリーは、チャプターごとに順番通り進んでいきます。各エピソードごとに設定された終了条件を達成すればクリア。確か前作では、終了条件の違いによって、プレイできるエピソードが分岐し、やり込むことでストーリーの全体像を把握できたと思いますが、今回は一本道です。

そのかわり、やり込み要素としては、アーカイブと武器集めが用意されています。アーカイブはストーリーを補完する役割もあるので集めたほうがより楽しめるかと。武器は、鍬とかハンマーとか。銃器はせいぜいピストルと猟銃です。日本の田舎が舞台なのでグレネードランチャーとかは出てきません。和風ホラーアドベンチャーにはむしろこれがいい。

ところで、PS2のサイレンのCMが、怖すぎて放送中止になったような記憶があるんですけど、CMに使われたシーンも一応あります。

 - 未分類