サーモス ステンレスタンブラーの汚れをメラミンスポンジで落としてみる

愛用しているサーモス 真空断熱ステンレスタンブラーにコーヒーの着色汚れが目立ってきました。取扱説明書に従って酸素系漂白剤で洗ってみたのですがいまいち効果がない。そこでメラミンスポンジを使ってみました。

メラミンスポンジとは

メラミンスポンジ

メラミンスポンジとは、水を含ませて洗うだけで汚れが落ちるというスポンジです。スーパーや100均などのお掃除グッズコーナーに普通に置いてあります。レックの「激落ちくん」とか見かけたことがあるのではないでしょうか。

材質は硬度の高いメラミン樹脂。発泡加工されているのでスポンジのような感触ですが、繊維自体はそれなりに硬く汚れを擦り落とすことができます。スポンジというより研磨材に近い。

そのため、メラミン樹脂よりやわらかい材質に使用するとキズがついてしまいます。ステンレスやガラスはメラミン樹脂より硬いため大丈夫ですが、それでもコーティングされてたり光沢のあるステンレスの場合は使用に適しません。

詳しくは以下のページがわかりやすいです。

メラミンスポンジで磨いてイイ場所・ダメな場所はここ!大掃除に役立てよう
実はよく知らない!? “メラミンスポンジ”を改めて調べてみた。

ステンレスタンブラーを洗ってみた

ステンレスタンブラーの内側の汚れ

こんな感じでタンブラーの内側が汚れてますのでメラミンスポンジできれいにしてみます。メラミンスポンジは使いやすい大きさに切ります。水を含ませてあとは軽くこするだけ。

ステンレスタンブラーの内側の汚れをメラミンスポンジで少し落としたところ

汚れの落ち具合がわかりやすいように縦に部分的に擦ってみたところです。酸素系漂白剤でも効果がなかった汚れが簡単に落ちました。

ステンレスタンブラーの内側の汚れをメラミンスポンジで全部落としたところ

残った着色汚れをきれいにしてみました。見た感じ特にキズなどもなく、簡単に汚れを落とすことができました。浸け置きするより楽でいいですね。

メラミンスポンジは使うと削りカスがでますので、口にしないようご注意を。汚れを落としたあとは水洗いしておきます。今回は軽くこするだけできれいになりカスがほとんどでませんでしたが。

使用したメラミンスポンジは再利用できます。汚れがついたら水洗いして軽く絞って置いておけばいいかと。

まとめ

サーモス ステンレスタンブラーの着色汚れを簡単に落とすことができましたが、鏡面加工されている外側にはメラミンスポンジは使わないほうがよいです。ちょっとこすったぐらいなら大丈夫ですが、使い続けるうちに曇っていくそうです。

光沢のあるステンレスには適さないのを知らないでゴシゴシやってしまいましたが、あからさまにキズができることもありませんでした。もっとも使い続けているうちにできた微細な擦りキズがすでにあるので目立たなかっただけかもしれませんが。

なお、メラミンスポンジを使う方法は、取り扱い説明書で推奨されている方法ではないので、試される方は自己責任でお願いします。