ココナッツミルクでR-1ヨーグルトを作ってみた

最近はヨーグルト作りもサボり気味でしたが、気温が高くなって冷たいものがおいしくなってきたので再開しております。

今回はココナッツミルクでR-1ヨーグルトを作ってみることにしました。ココナッツミルクはバターコーヒーに入れる目的で買いましたが、ヨーグルトもできるということで挑戦。

まずはじめに断っておきますが、ちっとも固まりませんでした。なのでココナッツヨーグルトを固める方法を知りたい方の参考にはなりません。

ココナッツミルク

近所では手に入らなかったので楽天のココナッツオイル屋 楽天市場店で調達。オーガニックで砂糖不使用、BPAフリー。1缶400ml。有機グアーガム(増粘剤の食物繊維)が含まれてます。

R-1で発酵させてみた

ココナッツヨーグルトの作り方は特に調べたりせず、とりあえず牛乳を使うときと同様にプレーンヨーグルトの作り方でやってみました。

種菌には「明治プロビオR-1」を使ってみました。目安としては牛乳500mlに対して種菌ヨーグルト30ml使います。ついでに余り気味だったニチガのビートオリゴ糖も入れることにしました。

でも菌を増やす目的でオリゴ糖入れると出来上がりがゆるくなりがちになったりもする。

ココナッツミルクを入れてよく混ぜます。柄の長いヨーグルトスプーンがあると便利です。

ガラス容器は前の記事でレビューしたHARIOのスキニーキャニスター。耐熱ガラスなので熱湯消毒もできます。サイズも直径7cmで牛乳パックと同じ。牛乳パックを利用するタイプのヨーグルトメーカーでも使えます。

ヨーグルト作りで熱湯消毒できる耐熱ガラスの保存容器があると便利です。豆乳ヨーグルトを作りたいときとかパックの形状によってヨーグルトメーカーに入らないこともありますし。このまま保存してもプラより安っぽくなりません。

後はヨーグルトメーカーに入れて発酵するだけ。プレーンヨーグルトは40度設定です。時間は5~8時間が目安になります。

出来上がり

8時間ぐらいで覗いてみたところまったく固まらなかったので、さらに時間を4時間ほど伸ばしてみました。

しかしそれでも固まらなかったので、これ以上はやめておき、冷蔵庫に入れてゆっくりと発酵させてみることにしました。

確か2日間ぐらい放置してました(すっかり忘れてた)。多少固まり感が出てきたような気もしましたが、ほぼ気のせいっぽく、発酵させる前と大差ないようです。

食べてみたところ、酸味のあるココナッツミルクそのままといった感じでした。同時に購入したココナッツシュガーで甘みをつけると結構おいしい。

まとめ

ちょっとネットで検索してみたところ、やはりココナッツミルクでは固まりはしないようですね。固めるためにはゼラチンとか入れて工夫しないといけないようです。

個人的には固めることが目的ではないので、別にいいかなと。ココナッツミルク自体が飲むヨーグルトレベルのドロリ感がありましたし。

ところでココナッツミルクはしっかり密閉しないと傷みやすいらしいです。すぐ酸味がでるとか。おなかは壊さなかったので発酵自体はできているはず・・・。